としパパの簡単レシピと晩酌ブログ

お酒大好きとしパパの日常の晩酌と美味しい発見を紹介します

スポンサーリンク

第2品:鶏肉のじっくり焼 塩コショウ味

ぼくは鶏肉が好きなので、たまに鶏肉を焼きます。
分厚い鶏肉を焦がさずにふっくらジューシーに焼くには、アルミホイルをかぶせてじっくり弱火で焼くのが一番です。

↓大葉を振りかけて出来上がりはこんな感じです↓
f:id:nagaratossi:20210905155627j:plain

家族からの評判

小6の息子には大ウケで、たくさん食べていました。
もも肉で油濃かったためか、量は食べていませんでしたが妻も美味しいと言っていました。

酒との相性について

塩コショウのシンプルな味付けなのでビールにはベストマッチングでした。
塩コショウだけの味付けなので、どんなお酒にも合う味です。
大葉をちぎって振りかけると、よりいっそう美味しくいただけます。
焼き上がりにニンニクペーストを絡めたら、もっと美味しくなったと思われますので、次の日が休日の時にやってみようと思います。

今日の酒について

今日のお酒もとしパパのお気に入り。新ジャンル(第3のビール本麒麟)です。
としパパは本麒麟一筋3年くらいでしょうか。
たまに違うのも飲みますが本麒麟が一番旨くて飽きません。
お酒は重たいので通販が便利ですよ~。

つまみの作り方

まずは開封した鶏肉の片面にに塩コショウを適量振ります。
f:id:nagaratossi:20210905155828j:plain
上写真で塩コショウした面が下側になるように、肉をフライパンに投入し、塩コショウします。
ポイント!手洗いなどが面倒なので、なるべく肉には触らないようにします。
f:id:nagaratossi:20210905162445j:plain
肉をフライパンに広げたら、アルミホイルをかぶせて弱火でじっくり焼いていきます。
f:id:nagaratossi:20210905162550j:plain
数分するとアルミホイルの上面まで熱くなり、肉の上面にも火が通って白くなります。
肉から出てきた脂と水分は途中でキッチンぺーパーで吸い取ったほうが臭みがとれて美味しいです。
f:id:nagaratossi:20210905162943j:plain
肉を裏返して焼き目をお好みで入れます。
f:id:nagaratossi:20210905163201j:plain
お好きな焼き目が入ったら出来上がり。
大葉をちぎって振りかけると、よりいっそう美味しくいただけます。
f:id:nagaratossi:20210905155627j:plain
アルミをかぶせて弱火でじっくり焼いているので火がしっかり通っており、とりの生焼けを気にする女性でも安心して召し上がれます。
また、焦げにくいように弱火でじっくり焼きますので、料理経験が少ない方でも作りやすいオススメの簡単おつまみです。
酒のつまみに是非どうぞ。
お酒は重たいので通販が便利ですよ~。

下のバナーをクリックすると、いろんな筆者の様々な記事が掲載されたブログサイトに飛べますよ~。よかったらどうぞ~。
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ

スポンサーリンク