としパパの簡単レシピと晩酌ブログ

お酒大好きとしパパの日常の晩酌と美味しい発見を紹介します

スポンサーリンク

第6品:シャキシャキ玉ねぎの鶏肉丼~焼肉のたれ味~

今日は休日ですが妻が仕事なので息子と2人でお昼を食べることになりました。
2人の時はインスタントフードを食べることもありますが、ときどき野菜も取れる丼ぶりものを造る時があります。
今回は玉ねぎとキャベツと鶏肉を使った丼ものを作りました。

f:id:nagaratossi:20210920125625j:plain
シャキシャキ玉ねぎの鶏肉丼

この丼ぶりの特徴は、玉ねぎがシャキシャキなことと焼肉のたれで味付けしていることです。
後で作り方を紹介しますが、味付けがシンプルに「焼肉のたれ」なので簡単に作れるし子供もお気に入りの仕上がりになります。
玉ねぎをシャキシャキに炒めるコツと鶏肉を柔らかくジューシーに焼くコツも紹介していますので良かったら記事の後半をご覧ください。

家族からの評判

普段は玉ねぎもキャベツも好んで食べない小6の息子ですが、この丼ぶりなら美味しいと言って食べてくれます。
妻には作ってあげたことがないので、いつか作ってあげたいと思います。

酒との相性について

今日はお昼ご飯なのでお酒は飲みませんが、間違いなくビールと酎ハイには合う味です。
なんと言っても「焼肉のたれ」で味付けしてますから、美味しいに決まってます。

今日の酒について

これが晩御飯だったら、いつものお酒を飲んでいたと思います。
としパパのお気に入りは新ジャンル(第3のビール本麒麟)です。
としパパは本麒麟一筋3年くらいでしょうか。
たまに違うのも飲みますが本麒麟が一番旨くて飽きません。
最近はこれしか飲んでません。
たまに、日本酒やクラフトビールも飲みますので、いつか紹介したいと思います。
お酒は重たいので通販が便利ですよ~。

つまみ(お昼御飯)の作り方

ご飯を丼に盛り付け、少し冷めてからご飯の上にキャベツの千切りを敷きます。
f:id:nagaratossi:20210920131217j:plain
玉ねぎを強めの中火でササッと炒めます。
玉ねぎをシャキシャキに炒めるにはポイントが3つあります。
1つ目は、玉ねぎの切り方は「くし切り」にしてバラバラにほぐしておくこと、
2つ目は長時間炒めないこと、
3つ目は、炒めるときに味付けをしないことです。
3つのコツでシャキッと炒めたら、キャベツの上に敷きます。
小さいお子さんなど、玉ねぎの辛味が気になる場合は炒める時間を増やして玉ねぎの甘味を引き出しましょう。
f:id:nagaratossi:20210920131627j:plain
鶏肉はアルミを被せて弱火でじっくり焼きます。
弱火でじっくり焼くとジューシーに仕上がります。
この時、お好みで塩コショウやブラックペッパーを振り掛けるのもありです。
f:id:nagaratossi:20210920132404j:plain
火が通ったら丼ぶりに盛りつけて「焼肉のたれ」をお好みで垂らします。
鶏肉は焼いている最中に味付けをしてもかまいませんが、盛り付け後の方が「焼肉のたれ」の味と風味が引き立ちます。
f:id:nagaratossi:20210920132342j:plain
大葉を刻んで振り掛けると、よりいっそう美味しくいただけます。
f:id:nagaratossi:20210920132550j:plain
酒のつまみやお食事に是非どうぞ。

お酒は重たいので通販が便利ですよ~。

下のバナーをクリックすると、いろんな筆者の様々な記事が掲載されたブログサイトに飛べますよ~。よかったらどうぞ~。
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ

スポンサーリンク